しおり

仕入奮闘記

食べ続けたいもの、その伝えたいこと

2018年6月13日

三島の小林農園は小林貢さんが平成15年に始めた。
そして今年の初夏にはこの小林農園の野菜は食べられなくなる。

支柱を作れなく地に這うトマトが最後かもしれない。

先日、小林貢さんが亡くなられた。

食道癌が4月に見つかりすぐの出来事だった。

小林家は江戸時代後期から代々続く生産者。小さいころから小林さんは農作業の手伝いをしていた。

20代前半、メロンなどの近代農業を仲間と始めたがうまくいかず農業を諦める。

会社員として働いていたが、農業に対する想いは忘れられなかった。

50歳の時に会社を辞め専業農家となる。

その当時は珍しかった農薬不使用栽培を始めた。周りの畑から農薬を使用しない栽培方法に対して非難の声がでた。
しかし自分の信念を貫いた。

しかし10年経つと、地域の高齢の生産者から頼られる存在になる。

そして耕作放棄地にならないようにと地主さんから畑を管理してほしいと、小林さんが耕す畑はどんどん増えていく。

「いっぱい野菜を作って、畑をなんとか使わなきゃ」と笑顔でいつも語っていた。
大変なことだと思うのにすごく楽しそうだった。
畑で笑顔でいる小林さんを見ると、なんだか僕らも自然体になれた。

誠実に土と向き合い地域と向き合う小林さんの野菜は、とても安定感のある美味しさ。

とてもきれいな畑、そしてとてもきれいな野菜。

小林さんは以前よく“循環”と言っていた とお葬式の時、親族が言われていた。

畑にはREFSのお店で出た野菜クズ、また富士宮の和田とうふ屋から出たおからを積極的に使い、肥料は鶏糞を使うが土の状態に合わせまったく肥料を入れない畑もある。

土の循環。
そして地域の循環。

日が出始めると農作業を始めていた小林さん。朝靄の畑で、芽を出したばかりの小さな野菜たちが一生懸命育とうするのを見て「なんとも美しくて農業をやって幸せです」と語られた。

小林貢さんの最後の野菜は人参Nなど、6月は静かにREFSのお店に並ぶ予定だ。
大川さんという若い農家さんが遺作を収穫してくれている。

今のREFSがあるのは小林農園の美味しい野菜のおかげである。

小林さんとは9年間、農業のやり方をいろいろ話した。

行政が提唱する六次産業化も小林さんは実践しようとされた。

でも僕らが出した答えは、生産者が全てをするのではなく役割分担をすること。

つくることは生産者、売ることは小売店。

そして、袋詰めなどの作業、洗う作業は福祉施設さんにお願いできたらいいねと。

もう小林さんの野菜を食べれなくなるのは寂しくて寂しくてしかたがない。

小林貢さんの作品は残していきたい!
と心から思っている。小林さんの大豆は引き継いで残していこうと話が通夜の時、生産者や奥様と話がでた。

同業者の八百屋さんとも、僕らがたくさん売ってたくさん作ってもらいましょうと話した。

僕は小林さんの大豆を日常使いしてもらいたいと思う、
豆腐、味噌、納豆などにして。

小林さんの想いは生き続けていく。

カテゴリ: 仕入奮闘記 23:09

半島の付け根の港で

2018年5月17日

今、熱海店では活きたお魚を〆て提供しているため、朝 魚を求めて漁師のもとへ行きます。

市場でないため、天候によって獲れたり獲れなかったり。

その時の水揚げ量により、ランチのお魚セットも限定食数となります。
たくさん獲れるとやはり嬉しいし、貴重なお魚をお客様にも美味しく召し上がって頂きたいと心から思います。

沼津の魚市場では6年前の水産祭りのお手伝いをちょこっとさせて頂いています。
今年も「みんなで描く、魚の街 沼津」というワークショップを開催しました。

イラストレーターのHappymanCafeさんに仕切って頂き、僕はただ世間話をしていただけだったような。
久しぶりに水産業のいろいろな方とお話しできました。

水産業も課題がとても多いですね。
海のなかのこと、獲ること、流通のこと、食文化のこと。
だからこそ、今できることも多いような気がします。

これから沼津の魚を盛り上げるためのイベントもあるようですが、せっかくみなさんの労力と時間、そしてお金を使うようですので課題解決のきっかけになる効果的なイベントとして組み立てられるといいですね。

漁業関係の方は、農業者の方とまた考え方が異なりいろいろと勉強になります。

カテゴリ: 仕入奮闘記 10:06

端境期突入しました!

2018年3月17日

春がやってくると、八百屋的にはちょっと寂しくなります。

寒さが落ち着きたくさん収穫できるイメージですが
様々な野菜が花を咲かせ、収穫のできるやさいが少なくなってきます。

小松菜はこんな感じ。

IMG_3663

白菜はこんな感じに。

IMG_3671

黒キャベツはもう少しでナバナになりそうです。

IMG_3676

ということで現在の畑は、冬のものを片付け主役のやさいたちが不在状態で寂しいけど、次のシーズンに向けてワクワクする感じです。

IMG_3673

今年の端境期は、特にやさいが無くなりそうです。
いつもお買い物をされているお客さまにはご迷惑おかけします。

カテゴリ: 仕入奮闘記 10:44

フランスのワイン生産者

2017年3月18日

南フランスのラングズドッグに畑があるドメーヌバサックの生産者
ルイさんがREFS Kitchenにお越しになりました。

ぶどう畑では農薬をや除草剤を使っていなく、
土や飲む人にやさいしいワインづくりをされています。

IMG_9239

ぶどうの生産からお話しを聞くとあらためてワインは工業製品ではなく、しっかり人の手によりそして想いによって作られ天候に左右されるていることを実感しますね。

毎年毎年の変化をどのように整えるのか。
ルイさんの言葉と想いを聞いていると、ワインづくりがほんと好きなんだなと。

IMG_9234

ほんと野菜の生産者と一緒だとスタッフ一同納得し、そのことをしっかりお伝えしていこうと思います。

IMG_9248

ドメーヌバサックは赤、白、そしてロゼを用意しています。
ロゼは海の近くということで、畑に海風が吹くためかなんとなく塩っぽさを感じられます。

伊豆食材にとてもあいます。ぜひお飲み頂けたらと思います。

IMG_9252

REFS Kitchenでは三島のルカワインさんなどのご協力でオーガニックのワインをご用意しています。
感覚で体からおいしいと思うもの、そして味の濃い野菜と相性がいいものをご提供させて頂きます。

IMG_9257

根菜類のお料理もそろそろ終わりが近くなってきました。
人気の菊芋のフリットもぜひ食べ納めです。
菊芋の食感・旨み、贅沢に使い削りたての本枯れ田子節の香り。
バサックのロゼと最高です!

カテゴリ: 仕入奮闘記 06:42
次へ »